本ページにはプロモーションが含まれています。

【キャンプ場レポ】おぐに森林公園キャンプ場│新潟県長岡市

【キャンプ場レポ】おぐに森林公園キャンプ場│新潟県長岡市

こんにちは!
パパキャンパーのそうし(@初キャン部)です。

そうし
そうし

新潟県長岡市にあるおぐに森林公園キャンプ場に行ってきました!

おぐに森林公園キャンプ場で実際に宿泊した経験をもとに、

各種施設の紹介と小さい子連れキャンパー目線でメリット・デメリットを紹介したいと思います!

この記事の内容

  • おぐに森林公園キャンプ場の各種施設の紹介
  • 小さい子を連れたファミリー向けにおぐに森林公園キャンプ場を選ぶポイントを紹介

本記事ではおぐに森林公園キャンプ場のキャンプ場レポをお伝えします。

本記事を参考におぐに森林公園キャンプ場について理解を深めましょう!

おぐに森林公園キャンプ場レポート

おぐに森林公園キャンプ場看板
おぐに森林公園キャンプ場

おぐに森林公園キャンプ場は新潟県長岡市小国地域にあります。

楢の木に囲まれた林間のキャンプ場でフリーサイト・一部オートサイトで、自由度の高いキャンプが楽しみながら、

小国地域の広大な自然の中でのんびりと過ごすことができます。

そうし
そうし

夜はカエルの大合唱が懐かしさを感じさせました!

どんぐりの森エリア
どんぐりの森エリア・ファミリーサイト
そうし
そうし

キャンプ場は山の中のため高低差が凄いです!

おぐに森林公園キャンプ場の概要

園内マップ
園内マップ
キャンプ場受付
キャンプ場受付

オープン

2023.4.29 - 2023.11.19(予定)

そうし
そうし

おぐに森林公園キャンプ場は冬キャンプもできます!

上記営業期間が終了したのち、11月-3月頃は冬キャンの期間となり、芝生ゲレンデサイトのみ営業をしています。

フリーサイト/一部オートサイト

利用明細利用料金
施設使用料:1泊1,400円
入場料:大人(1泊)800円
入場料:4歳-中学生(1泊)600円
※入場料は2泊目以後半額となります。​
宿泊料金

バンガロー

利用明細利用料金
施設使用料:1泊3,800円
入場料:大人(1泊)800円
入場料:4歳-中学生(1泊)600円
※入場料は2泊目以後半額となります。​
宿泊料金

デイキャンプ

どんぐりの森エリア・ファミリーサイトの1部にデイキャンプ専用エリアがあります。

利用明細(10:30-16:00)利用料金
施設使用料700円
入場料:大人400円
入場料:4歳-中学生300円
利用料金

予約方法は?

ネットから予約できます!

そうし
そうし

インターネット予約サイト”なっぷ”を使いましょう!

インターネット予約サイト"なっぷ”はこちら

キャンプ前日のAM9時になっぷでの予約はできなくなりますので、次の日の予約がしたい方は電話をしましょう!

おぐに森林公園キャンプ場はこちら

名称長岡市おぐに森林公園キャンプ場
住所〒949-5332 新潟県長岡市小国町上岩田208
最寄りIC関越道/小千谷IC(ICより車で30分程度)
所在地

おぐに森林公園キャンプ場周辺の施設

周辺ですと上記2つのお店が食材の購入に便利です!

小千谷ICを降りてからキャンプ場までに小千谷市内を通りますので、その際に買い物を済ませておくといいと思います。

受付

養楽館
管理棟である養楽館
キャンプ場受付
キャンプ場受付

着いたらまずは養楽館にて受付を行います。

受付は10時半からで、早く着いた場合は名簿に名前を書いて順番が来るのを待ちます。

記入台
記入台
そうし
そうし

支払いは現金のみです!

ゴミは有料処分(資源ゴミ/燃えるゴミ30ℓ各300円)です。

サイトに行ってしまうと、買いに来るのが面倒なのでチェックインのとき一緒に購入しておきましょう!

レンタル品

レンタルはなっぷで予約する際にテントや寝袋を選択して一緒に予約します。

そうし
そうし

電話でも予約できますよ!

テント・タープ・寝袋・BBQコンロなどを取り揃えてあります。

レンタルはキャンプ道具すべてあるわけではありません。

初心者用の一式セットのようなものはないので、後述する楽キャンエリアを利用しましょう!

そうし
そうし

キャンプをしたことない方向けに下記の記事でキャンプ道具についてまとめました!

合わせて読みたい

養楽館

キャンプ場の受付をする建物は日帰り温泉施設となっており、キャンプ場利用者も使用できます。

営業時間
4-11月10:00~21:00(最終受付 20:00)
12-3月10:00~20:00(最終受付 19:00)
営業時間

日帰り温泉の利用料金
大人400円
子ども200円
利用料金

お得情報

トキっ子くらぶの会員だと、日帰り入浴の利用料金が半額になります!

そうし
そうし

新潟在住のパパママは利用証を忘れずに持っていきましょう!

売店

売店
売店
売店
おもちゃも置いてあります

養楽館の中に売店もあります。

キャンプに使う消耗品だけでなく、子どものおもちゃや駄菓子コーナー、地元産の野菜やアイス・ジュースなど

多種多様な商品の取り扱いがありました。

おぐに森林公園キャンプ場のサイト紹介

芝生ゲレンデエリア

芝生ゲレンデサイト
芝生ゲレンデ①
芝生ゲレンデサイト
上から見た芝生ゲレンデ①

キャンプ場の地理的には1番下に位置し、養楽館に近い芝生のフリーサイトです。

サイトの周りの舗装路は荷物の搬入の際に車をつけることができます。

そうし
そうし

1日8組までなので広々とサイトを使えます

芝生ゲレンデサイト
今回お邪魔したサイトです
芝生ゲレンデサイト②
芝生ゲレンデ②

実は芝生ゲレンデには2つサイトがあり、①と今回お邪魔した②になります。

②の方は狭いフリーサイトでスカイパイロットを設営すると、もう1張りは難しく感じます。

荷物搬入の際は車をほぼ横づけ可能です!

そうし
そうし

お隣さんがいない区画サイトのような感覚なので、かなりオススメです!

サイトのすぐ近くに小川がありました。

小川
芝生ゲレンデ内を流れている小川
そうし
そうし

たくさんのオタマジャクシとザリガニが住んでいて、子どもたちは大はしゃぎ!

かなり自然と触れ合えるキャンプ場です。

炊事場・トイレ

炊事場のアップ
ハンドソープが置いてありました
炊事場
もう1つ炊事場があります

芝生ゲレンデエリアには炊事場が2つあります。

どちらも作りは簡易的ですが、ハンドソープが置いてあったりと気遣いが嬉しいです。

トイレの建物
奇抜なトイレの建物
トイレの入口
トイレの入口

日中は養楽館のトイレが使用できますが、夜間はこちらの奇抜な建物のトイレを使うことになります。

そうし
そうし

正直、夜は怖いです...

入口のドアは大きく重く、重厚感があり、まるで異世界のダンジョンに入るかのごとく...

小さい子はドアの開け閉めで指を挟まないようにパパママが注意して一緒についてあげましょう!

楽キャンエリア

楽キャンエリア
楽キャンエリア
ノルディスクのアズガルド
ノルディスクのアズガルドがあります

手ぶらでキャンプを楽しめる楽キャンエリアです。

常設テントで大型のコットンテントが設置されているので、楽にキャンプを楽しめます。

利用明細利用料金
施設使用料:1泊10,000円
入場料:大人(1泊)800円
入場料:4歳-中学生(1泊)600円
※入場料は2泊目以後半額となります。​
宿泊料金

料金に含まれている道具

テント/タープ/エアーベッド×2/寝袋×4/キャンプマット×2/キャンプテーブル/キャンプチェア×4/焚き火台/BBQ台/ランタン

トイレ
トイレは楽キャンエリアの目の前
授乳室
授乳室まで付いています
簡易的な炊事場
簡易的な炊事場

トイレはサイトの目の前にあり、かなりキレイです!

水洗洋式でこまめに掃除がされている印象がありました。

そうし
そうし

授乳室がついているので小さい子連れママも安心できます!

バンガロー

バンガロー入口
バンガロー入口
バンガロー
バンガロー

バンガローエリアは森の中にあります。

設備

  • 2段ベッド
  • 照明
  • コンセント

料金も安いので利用しやすいです。

キャンプ初心者の方は最初のキャンプで利用してもいいかもしれませんね!

どんぐりの森エリア・ファミリーサイト

どんぐりの森
どんぐりの森入口
どんぐりの森フリーサイト
どんぐりの森エリア・ファミリーサイト

おぐに森林公園キャンプ場のメインサイトとも言えるどんぐりの森の中に広がるフリーサイトです。

特徴は車の乗り入れ可能なフリーサイトで、自分のお気に入りの場所で設営ができます!

場所は早い者勝ちです。

良い場所からなくなりますので、早くチェックインするのがオススメです!

炊事場・トイレ

簡易的な炊事場
簡易的な炊事場
炊事場
サイトの奥にも炊事場があります
トイレ
トイレはサイトの奥にありました

サイトの中央に簡易炊事場が1つ、奥に1つありました。

そうし
そうし

ハンドソープが置いてあるのは嬉しいですね!

トイレも外観は古いですが、洋式でしっかり清掃されていました。

森の隠れ家エリア・グループサイト

森の隠れ家エリア
森の隠れ家エリア
ウッドチップサイト
ウッドチップサイト

このキャンプ場の1番標高が高いところに位置するサイトです。

どんぐりの森エリアからここまで来るのにアップダウンの激しい細い道を通らなければなりませんので、注意して走行しましょう。

サイトはウッドチップとなっており、水はけはかなり良さそうです。

どんぐりの森エリアと違いウッドチップの上は車の乗り入れ不可です。

サイトの目の前に駐車スペースがありますので、荷物の搬入が終わったらそこに車を停めましょう。

炊事場・トイレ

炊事場
炊事場①
炊事場
炊事場②
炊事場
炊事場③

森の隠れ家エリアは炊事場が3つ

簡易的なつくりの炊事場から少し凝ったオシャレな東屋風の炊事場があります。

そうし
そうし

キャンプ場の遊び心がうかがえますね!

バイオトイレ
珍しいバイオトイレ

トイレは珍しいバイオトイレがありました。

おがくずなどの自然の力を利用してし尿を分解処理する方式のトイレです。

そうし
そうし

清潔感があり、臭いもなくキレイでした!

芝生星空エリア

芝生星空エリア
芝生星空エリア
吊り橋
吊り橋

星空芝生エリアは森の隠れ家エリアの隣に位置し、その名の通り夜はキレイな星空を眺めることができます。

車の乗り入れはできませんので、荷物の搬入後は指定の駐車スペースに車を停めましょう。

どんぐりの森エリアの前にある吊り橋を渡って行くこともできます!

そうし
そうし

吊り橋を渡るのは冒険感があって子どもたちも楽しそうでした!

星空芝生エリアには設備が置いていないので、森の隠れ家エリアの炊事場・トイレを利用することになります。

カモシカエリア

昨年まで利用できたソロ向けのカモシカエリアがありましたが、

サイトの水はけがかなり悪く、現在は工事中だとキャンプ場のスタッフさんがおっしゃっていました。

工事はいつ終わるか未定で供給開始の時期も目途がたっていないようです。

そうし
そうし

進捗がありましたら随時、更新していきたいと思います!

おぐに森林公園キャンプ場の自然状況は?

風の状況

どんぐりの森エリア/森の隠れ家エリア/星空芝生エリアは林間サイトなので、風が多少強くても、

周りの木々が風防してくれるので、そこまで気にする必要はなさそうです。

しかし、芝生ゲレンデエリアは林間サイトではないので、風対策をしっかり行った方が良さそうです。

合わせて読みたい

虫の状況

芝生ゲレンデエリアは完璧?(笑)な虫対策をしていたおかげか、全く虫は気になりませんでした。

強いて言えば、スカイパイロットを跳ね上げていたときに、クマバチが入ってきて出ていかなかったぐらいです。

しかし、林間サイトの方は木々に囲まれ自然たっぷりですので、虫対策はした方がいいと思われます。

合わせて読みたい

日当たりについて

林間サイトはお日様が当たりづらいです。
これは林間という以上、仕方ありません。

そして芝生ゲレンデエリアは東側にどんぐりの森エリアなどの他エリアの森が広がっているので、

午前中も少し時間が経たないとお日様が当たってくれません。

今回は日中と夜間でそこまで気温差がなかったので、テントに結露・夜露は発生しませんでした。

しかし、朝晩の冷え込みがある季節は結露が発生すると思われます。

そうし
そうし

しっかり対策しましょう!

合わせて読みたい

小さい子連れパパママへメリット・デメリットを紹介

小さい子連れキャンパー目線のメリット・デメリットをお伝えします。

メリット

  • 豊かな自然の中で子どもを遊ばせられる
  • 炊事場・トイレが多く設置されている
  • 様々なエリアがありそれぞれ違った特徴を楽しめる

山のキャンプ場で自然が本当に豊かでした!

捕まえたトカゲとカエル
捕まえたトカゲとカエル

とにかくカエルが多く生息しており、子どもたちはカエル探しに必死になって遊んでいました。


あと、感じたのが色んなところに簡易的な炊事場・トイレが設置されていました。

おぐに森林公園キャンプ場は広いキャンプ場ですので、こういった細かい配慮は非常に嬉しいポイントです。


エリアも4種類あり、それぞれ違った特徴を持っています。

リピートしても毎回新鮮さが味わえるので、パパママも楽しむことができると感じました。

特色

  • 林間で車の乗り入れ可能なサイト
  • 林間のウッドチップサイト
  • 芝生で星空を観察できるサイト
  • 芝生で管理棟が近いファミリー向けのサイト

芝生ゲレンデエリアはファミリーしかいませんでした!

周りに小さい子がいらっしゃるので我が家も安心して過ごせましたよ!

そうし
そうし

子どもが楽しむのはもちろんですが、パパママも楽しみたいですよね!


デメリット

  • 虫が多い
  • どんぐりの森エリアなどから管理棟までかなり遠い
  • サイトにシャワールームがない

まず林間なので虫が多いです。

虫嫌いのママにはツラいかもしれません。
しかし、虫対策をしっかり行えばそこまで気にならなくなるので大丈夫ですよ!

合わせて読みたい

そして地味に気なったのが、林間サイト(どんぐりの森エリア/森の隠れ家エリア/星空芝生エリア)から管理棟まで行くのが大変という点

管理棟である養楽館は日帰り温泉施設でここしか温浴施設はありません。

各サイトにシャワールームがあれば良かったのですが、残念ながらついておりませんでした。。

よって、お風呂に入りたい方は養楽館まで足を運ばなければなりません。

お酒を飲んだら車の運転はできませんので、歩いて養楽館に行く必要があります。

どんぐりの森エリアからは近道を使えばまだ何とか行ける距離ですが、森の隠れ家エリアや星空芝生エリアからはかなり遠いです。

どんぐりの森エリアへの近道
養楽館からどんぐりの森エリアへの近道

チェックインのとき必要なものを購入し、お風呂は入らないorお酒を飲むのを夜まで我慢するなどの対応が必要になります。

合わせて読みたい

まとめ おぐに森林公園キャンプ場は広大な敷地に自然豊かで何回も楽しめるキャンプ場!

おぐに森林公園キャンプ場は広大な敷地に様々な特徴を持ったエリアがあり、それぞれ違った楽しみ方ができます。

ファミリー向けの芝生ゲレンデエリアや、静かにゆっくり楽しみたい方向けの森の隠れ家エリアなどがあります!

虫が多いキャンプ場ですが、しっかり対策すれば快適なキャンプにできますよ!

そうし
そうし

小さい子を連れたファミリーキャンプにオススメのキャンプ場です!

本記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

そうし
そうし

ぜひ親子でキャンプを楽しんでください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

  • この記事を書いた人
sosiと家族たち

そうし

ママと2歳・4歳の娘2人とキャンプを楽しむべく奮闘中のパパキャンパー!|小さな子どもを連れたファミリーキャンプのノウハウと実際に使ったキャンプギアのレビューをブログにて日々発信しています!

人気記事

【ラーテルワークス】ドーム型2ルームテントBODENを徹底レビュー! 1

ラーテルワークスのドーム型2ルームテントBODENは居住空間の最大化を実現しています!
また、25cm鍛造ペグを始めとした豪華な付属品・仕様でこれからキャンプを始めるファミリーの方の最初のテントにオススメです!

ワークマンのDFBスリッポンはコスパ最強の冬用サンダルでした。 2

ワークマンのDFBスリッポンは1,500円で買えるコスパ最強な点が魅力の冬用サンダルです。
家でもキャンプでも使える手軽さ・機能性があり、1,500円という価格を考えれば価格以上の価値は充分にあり、買う価値のある商品です!

【ラーテルワークス】オーロラソフトクーラーLはコスパ最強のクーラーバッグでした。 3

ラーテルワークスのオーロラソフトクーラーLは携帯性・収納性に優れたコスパ最強のクーラーボックスです!
ハードクーラボックス並みの保冷力があるため、1泊2日のキャンプでは問題なく使用可能でオススメできます!

【ETOE】プロジェクターD2Proは使いやすい?徹底的にレビューします。 4

ETOE プロジェクターD2Proはシンプルなつくりで操作性が良くプロジェクターを使ったことがない初心者の方でも簡単に使用可能!コスパも高いので、初めてのプロジェクターにオススメです!

キャンプで焚き火をしない?【焚火しないのも自由!工夫でキャンプを楽しもう!】 5

キャンプで焚火をしなくてもいい理由について解説します。
するも自由!しないも自由です!
自分に合うやり方を見つけていきましょう!