本ページにはプロモーションが含まれています。

【初心者でもわかりやすい】ペグの種類と特徴は?適切な選び方を徹底解説!

【初心者でもわかりやすい】ペグの種類と特徴は?適切な選び方を徹底解説!

こんにちは!
パパキャンパーのそうし (@初キャン部)です。

悩み中パパ
悩み中パパ

テントを買ったときに付属してたペグが曲がって壊れちゃった...

新しいペグを買おうと思うんだけど、どんなペグがいいのか分からない...

そうし
そうし

以上のような、ペグの種類・特徴が分からず困っているパパの悩みに答えます!

この記事の内容

  • ペグとは?
  • ペグの種類・特徴
  • ペグの選び方

最初のペグ購入を悩みに悩んで検索しまくった僕がペグの種類と特徴についてお伝えします。

本記事を読めばペグの種類・特徴について理解を深めることができます!

ペグとは?

ペグとはテント・タープを張るときにロープを地面へ固定するのに必要な杭のことを指します。

非自立型のテントはペグがなければ設営できません。

そうし
そうし

形状や素材は多種多様で、種類・特徴を知ってキャンプ毎のスタイルや自分好みのペグを選びましょう!

それでは、ペグにはどのような種類があるのかを見ていきましょう。

ペグの種類について

ペグの種類と特徴を簡単に表にしました。

ペグの種類素材(主に使われるもの)軽さ強度固い地面柔らかい地面
ピンペグスチール/ステンレス
プラスチックペグプラスチック
ネイルペグスチール/ステンレス
鍛造ペグスチール
V・U字ペグアルミ
ペグの種類と特徴-一覧

細かく分ければもっとありますが、今回は大きく5種類に分類しました。

ペグの種類によって特徴や得意の地面が変わってきます!

収納性・耐久性など自分が1番重視するポイントを考えてから、キャンプ場の地面に合わせて決めるのがオススメです!

ファミリーキャンプでは荷物が多くなりがちで、軽くてかさばらないペグを選びたくなりますが、

大型の2ルームテントを使っている場合は30cm以上の長めの鍛造ペグにするなど、現状を考えてペグを選定しましょう。

そうし
そうし

逆に軽くて風に強い小さめのソロドームテントはピンペグも十分使えます!

ペグがキャンプで必要な理由

ペグ
出典:Amazon

必要な理由は?

  • 非自立式テントの設営のため
  • 強風対策

非自立式のワンポールテントなどはテントのボトム(床面)を固定しなければ、中央のメインポールが立たないので、そもそも設営ができません。

そうし
そうし

ここでペグが必須になってきます!

また、テントやタープが風で飛ばされて倒壊するのを防ぐためにペグが必要になります。

自立型のドームテントはペグなしでも使用できますが、強い風が吹くと簡単に飛ばされてしまいます。

テントやタープが風で飛ばされると周囲のキャンパーさんに迷惑がかかります。

キャンプ道具の破損や、他のキャンパーさんのケガに繋がる可能性がありますので、キャンプ場の地面に合ったペグを選び、正しく使用する必要があります。

ペグの選び方は?

多くのメーカーから様々な種類、素材のペグが発売されています。

正直なところ、初心者のパパママはいろいろありすぎてワケワカラン状態だと思います。

そうし
そうし

僕も”ペグ 初心者”で検索しまくった過去があります笑

ペグの選び方は下記のポイントを押さえましょう!

ペグの選び方のポイント

  • テントに合った長さ
  • 必要になる本数
  • キャンプ場の地面に合った素材

テントに合った長さ

一般的なペグの長さは15cm~40cmのものが多いです。

テントの種類によってペグの長さを選定していきます。

テント・タープの種類長さのポイント
ドームテント/ワンポールテント20-30cm
トンネルテント/2ルームテント30-40cm
ソロキャンプ用の小さめテント15-20cm
大きいタープ40cm
一般的なサイズのタープ30-40cm
ペグの長さの目安
そうし
そうし

あくまで目安になります!

もちろん全部40cmの鍛造ペグを使えばすごい安心感ですが、40cmの鍛造ペグを何十本も用意するのは初期投資もかかりますし、なにより重くて持ち運びが大変です。

ですので、今使っているテント・これから購入予定のあるテントの形状に合わせて長さを選定しましょう。

そうし
そうし

実際のところ、30cmのペグにしておけば間違いありませんよ!

必要になる本数

テントの形状や大きさによって必要になる本数は変わってきます。

テント・タープの種類必要になる本数のポイント
ドームテント/ワンポールテント15-20本
トンネルテント/2ルームテント20-30本
ソロキャンプ用の小さめテント10本前後
大きいタープ20本前後
一般的なサイズのタープ10本前後
ペグの必要本数の目安

少し多めに見積もりました。

そうし
そうし

実際、僕が使っているワンポールテントは8本で設営できます。

しかし、風の状況しだいでロープの本数を増やしたりするので多めに準備してます!

使用するテント・タープによって変わりますので、必ずメーカーの取扱説明書を読んで必要本数を確認しましょう!

キャンプ中にペグが破損したり紛失したりといったハプニングも考えられるので、可能なら多めに準備がベスト!

キャンプ場の地面に合った素材

地面の種類

  • 芝生
  • 石・砂利(固い地面)
  • 砂・雪(柔らかい地面)
ペグの種類素材(主に使われるもの)軽さ強度固い地面柔らかい地面
ピンペグスチール/ステンレス
プラスチックペグプラスチック
ネイルペグスチール/ステンレス
鍛造ペグスチール
V・U字ペグアルミ
ペグの種類と特徴-一覧

キャンプ場の地面の違いによって適したペグは異なりますが、
初キャン部ではキャンプ初心者のパパママには高規格キャンプ場をオススメしています。

合わせて読みたい

高規格キャンプ場はおおよそ芝生で車の乗り入れ可能なため、持ち運びに向かない鍛造ペグでも車で簡単に運べます。

最初のうちは耐久性・強度が高い鍛造ペグが良いと思われます。

また、そのほかの地面でも鍛造ペグを使用すれば間違いありません。

ペグの種類別に特徴はある?

ペグも種類によって得意・不得意が変わりますので、紹介していきます。

ピンペグ

テントを購入したときに、付属でついてくることが多いです。

軽量なので持ち運びやすいのが特徴

また、サビにくくプラスチックペグより強度があります。

石・砂利が多い地面では強度が劣って、曲がって使えない可能性がある。

プラスチックペグ

テントを購入したときに、付属でついてくることが多いです。

とにかく軽く、持ち運びやすいのが特徴

砂や雪といった柔らかい地面が適しています。

強度はほとんどないので、固い地面で使用すると、先が割れて使えなくなります。

ネイルペグ

芝生や土といった少し固いところがあるような地面でも使えます。

ヘッドにプラスチックがついていて、ペグ打ちをする際の力がしっかりと伝わりやすいです。

メーカーによりますが、ヘッド部分は蓄光性があるタイプもあり、夜間の視認性が向上して便利です。

  • ヘッドはプラスチックなので、ヘッドだけ壊れてしまうことがある。
  • 石・砂利の地面では曲がって使えなくなる可能性がある。

鍛造ペグ

強度の高い鉄を使用しているので、基本的にどんな地面でも使える万能のペグです。

とりあえず30cmの鍛造ペグを用意しておけば間違いありません。

  • 重量があるので本数が増えると重くかさばり持ち運びには適さない
  • 安価ではあるが、本数を揃えると初期投資はかかる

V・U字ペグ

先端の形状がVやUの形をしたペグで、砂などの非常に柔らかい地面に適しています。

収納の際はスタッキングできるのでコンパクトになり持ち運びに便利です。

石・砂利の地面では曲がって使えなくなる可能性がある。

ペグの使い方は?

ペグはキャンプをする際に非常に重要な役割を担います。

ロープを張る・テントを支えることです。

間違った方法でペグを打ってしまい、風で抜けてしまわないように、正しい使い方を学びましょう。

ペグ打ち

ペグ打ち
出典:Amazon

ペグは地面に対して垂直に打つのではなく、先端がテントに向かうように斜め(60°くらい目安)に打ち込みましょう。

斜めに打つことで地面との摩擦で抵抗力が生まれペグが抜けにくくなります。

また、しっかりヘッド部分まで打ってあげれば、より抜けにくくなりますよ!

ペグ抜き

ペグ抜きはコツが分かるまで少し大変かもしれませんが、慣れれば簡単です。

ペグの刺さっている向きの垂直方向に引っ張れば比較的簡単に抜けます。

そのとき、ヘッドにハンマーのペグ抜きをひっかければより簡単に抜くことができますよ!

地面が湿ってたりすると地中が締まって抜けにくくなることがありますが、ペグを少し左右に振って穴を広げてあげれば、抜けやすくなります。

まとめ ペグの種類と特徴を知って最適なペグを選ぼう!

本記事ではペグの種類と特徴について紹介しました。

ペグはキャンプ道具の中でも設営に必要不可欠で、風対策にはかなり重要です。

はじめてのペグ選びでは、どの場面でも活躍してくれる30cm鍛造ペグをオススメします!

数はテントによって必要数が異なります。
メーカーの取扱説明書を確認しましょう!

本記事が少しでも参考になれば幸いです。

そうし
そうし

親子でキャンプを楽しみましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい
PVアクセスランキング にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

  • この記事を書いた人
sosiと家族たち

そうし

ママと2歳・4歳の娘2人とキャンプを楽しむべく奮闘中のパパキャンパー!|小さな子どもを連れたファミリーキャンプのノウハウと実際に使ったキャンプギアのレビューをブログにて日々発信しています!

人気記事

【ラーテルワークス】ドーム型2ルームテントBODENを徹底レビュー! 1

ラーテルワークスのドーム型2ルームテントBODENは居住空間の最大化を実現しています!
また、25cm鍛造ペグを始めとした豪華な付属品・仕様でこれからキャンプを始めるファミリーの方の最初のテントにオススメです!

ワークマンのDFBスリッポンはコスパ最強の冬用サンダルでした。 2

ワークマンのDFBスリッポンは1,500円で買えるコスパ最強な点が魅力の冬用サンダルです。
家でもキャンプでも使える手軽さ・機能性があり、1,500円という価格を考えれば価格以上の価値は充分にあり、買う価値のある商品です!

【ラーテルワークス】オーロラソフトクーラーLはコスパ最強のクーラーバッグでした。 3

ラーテルワークスのオーロラソフトクーラーLは携帯性・収納性に優れたコスパ最強のクーラーボックスです!
ハードクーラボックス並みの保冷力があるため、1泊2日のキャンプでは問題なく使用可能でオススメできます!

【ETOE】プロジェクターD2Proは使いやすい?徹底的にレビューします。 4

ETOE プロジェクターD2Proはシンプルなつくりで操作性が良くプロジェクターを使ったことがない初心者の方でも簡単に使用可能!コスパも高いので、初めてのプロジェクターにオススメです!

キャンプで焚き火をしない?【焚火しないのも自由!工夫でキャンプを楽しもう!】 5

キャンプで焚火をしなくてもいい理由について解説します。
するも自由!しないも自由です!
自分に合うやり方を見つけていきましょう!