本ページにはプロモーションが含まれています。

【Soomloom】充電式LEDランタンを徹底レビュー【パチゼロの本領】

【Soomloom】充電式LEDランタンを徹底レビュー【パチゼロの本領】

こんにちは!
パパキャンパーのそうし (@初キャン部)です。

悩み中パパ
悩み中パパ

Soomloomの充電式LEDランタンが気になっているんだけど、
使用感とかどうなのかな?

そうし
そうし

以上のような、Soomloomの充電式LEDランタンの使用感やレビューが分からず悩んでいるパパの悩みに答えます!

本記事は実際にキャンプで何度もSoomlommの充電式LEDランタンを使っている僕が使用感・レビューをお伝えします!

この記事の内容

  • Soomloom:LEDランタンの商品情報
  • 使用感・レビューについて
  • 購入ポイントについて

本記事を読めばSoomloomの充電式LEDランタンの理解が深まり、

購入に悩んでいるパパは買うかどうかの判断ができます。

Soomloom充電式LEDランタンとは?

Soomloom充電式LEDランタン
Soomloom充電式LEDランタン

大ヒットしたゴールゼロのLEDランタンを皮切りに国内外を問わず様々なメーカーから類似品が販売されています。

Soomloomは中国に本社を持つメーカーで、”中華ブランド”と言われています。

Soomloomの情報

Soomloom(スームルーム)とは中国広東省に創業した中国ブランドで、

Amazonや楽天などでアウトドア用品を中心に販売しています。

公式サイトは検索しても見つかりませんが、
埼玉県のさいたま市大宮にある株式会社Y.H.Sが日本の販売代理店となっています。

Soomloomの商品は他のメーカーと比べてかなり安いのに、
意外にも口コミや評判が意外と良いのが特徴!

Soomloom充電式LEDランタンは数多のLEDランタンの中でもまずまずの評価をされており、
一定の人気を博していることが分かります!

商品情報

Soomloom充電式LEDランタン-一式
付属品

付属品

  • 本体
  • 磁石カバー
  • Type-Cケーブル

内側の箱に商品の説明が印字されています。

Soomloom充電式LEDランタンの説明書
説明も内箱に印字されているだけ
Soomloom充電式LEDランタンの説明書
商品情報も同様です

なんともシンプルな作りですね。

そうし
そうし

Goal Zeroと比較してみたいと思います!

メーカーGoal ZeroSoomloom
点灯ルーメン150ルーメン150ルーメン
バッテリー容量3.7V-2600mAh3.7V-2600mAh
連続点灯時間7-170時間7-170時間
防水レベルIPX6IPX4
本体重量68g77g
本体サイズ約93×37.75mm約98×38mm
モード切り替え3モードフラッシュ/ランタン(Hight,Low)3モードフラッシュ/ランタン(Hight,Low)
充電方式USB-Type AUSB-Type C
価格¥5,280¥2,970
詳細Goal Zero LIGHTHOUSE micro FLASHSoomloom充電式LEDランタン
Goal ZeroとSoomloomの比較
そうし
そうし

違いをまとめました!

異なるポイント

  • 防水レベル
  • わずかな本体の大きさ・重量
  • 充電方式がType-AまたはC

比較してみて仕様にそこまで大きな違いはありません!

しかし、価格はかなり違いますね!

Soomloom充電式LEDランタンをレビュー

梱包状態

シンプルなデザインの外箱です。

Soomloom充電式LEDランタンの外箱
Soomloomのロゴだけのシンプルな外箱
LEDランタンの梱包状態
LEDランタンの梱包状態

外箱の中に内箱が収められており、とても丁寧だと感じました。

Soomloom充電式LEDランタンの梱包状態
かなり丁寧に梱包されています
Soomloom充電式LEDランタンの説明書
説明も分かりやすいです

内箱には説明が印字されており、説明書は付属されていません。

内箱は説明書代わりになるので、捨てずにとっておきましょう。

外観

上部に電源ボタンとフックがついています。

Soomloom充電式LEDランタンの上部
Soomloom充電式LEDランタンの上から見た写真
Soomloom充電式LEDランタンの全体
Soomloom充電式LEDランタンの全体

これは本家ゴールゼロに限らずほとんど同じ作りで差はないと思われます。

充電残量はLEDが青く光って残りの残量を教えてくれます。

Soomloom充電式LEDランタンの充電残量
充電残量は青く光って教えてくれます
そうし
そうし

単純に1ブロック25%(650mAh)ですね!

充電ポートは底面にあります。

Soomloom充電式LEDランタンの充電ポート
充電ポートはUSB-Type:C

僕が最初に使用した際、ゴムカバーがとれました。

このゴム部分はかなりチープですぐにとれるので注意してください。

しかも1回とれたら分解しないとおそらく2度と付けられません。

カバーも小さいため、すぐに行方不明になります。

そうし
そうし

屋外使用時は磁石カバーを常時つけて水が入らないように配慮してます!

しょうがないので、充電ポート剝き出しで使ってます。

点灯時の明るさは?

Soomloom充電式LEDランタンの明るさ
1番明るいHighモードの段階
Soomloom充電式LEDランタンの明るさ
懐中電灯モード

自分が使用した感覚としては、

メインに使うには光量も充電も足りない。

といったところです。

ただこの価格でここまで出せるので必要十分です。

そうし
そうし

サブランタンとしては間違いなく前線で活躍してくれます!

メイン1つに対してSoomloomが2-3個あれば、1泊2日のキャンプは問題ありません。

Soomloom充電式LEDランタンは買うべき?

ここまで商品の説明・レビューをしましたが、じゃあ実際買いなの?

というのが重要なのでメリット・デメリットを紹介します。

メリット

メリット

  • Goal Zeroに比べて約半額のコスパの良さ

Soomloomに限らず、このタイプのLEDランタンが他メーカーと差別を図るとしたら、

もはや価格勝負になってきます。

Amazonをさまよっていると、価格崩壊している中華LEDランタンを見かけることがありますが、総じてそういう類のものは、

不安要素

  • 作りがチープで付属品も雑•もしくは付いてない
  • 光量・充電ともに弱い
  • もしかして爆発するんじゃね?

といった不安要素があります。

それらと比較すると、

中華ブランドの中でも一定の評価を得ているSoomloomは安心感があってオススメです!

デメリット

デメリット

  • そこまで強いデメリットなし

僕が使った感想ですが、そこまで大きなデメリットはないと思います。

そうし
そうし

価格に対するパフォーマンスは良好です!

ただ、本家ゴールゼロを使ったことがある方は少し物足りないかもしれません。

そこは価格差だと割り切ることが大切です。

強いてデメリットを挙げるとするならば、

底の充電カバーが取れやすいので注意

実際、僕は最初に使ったときに取れました。

取れると分解しなければ2度と付けられない可能性が高いです。

充電ポートに水が入ると故障に繋がるので、
使用時は磁石カバーを必ずつけて水が入らないようにするなど工夫が必要になります。

そうし
そうし

充電するときにカバーを取り外す際は注意しながら行いましょう!

まとめ Soomloom充電式LEDランタンはコスパが高く問題なく使用できる!

Soomloom充電式LEDランタン

本記事では、Soomloom充電式LEDランタンの紹介とレビューをしました。

Soomloomの充電式LEDランタンはコスパに優れ、本家Goal Zeroに引けを取らない作りとなっております。

そうし
そうし

1個持っておいても損はありませんよ!

また、よく分からない謎の中華LEDランタンに比べても、一定の評価と実績があるので安心感があるのがポイントです。

充電式のLEDランタンは火を使わないので小さいお子さんを連れたキャンプにおいても火傷のリスクがないのでオススメです!

本記事が少しでも参考になれば幸いです。

そうし
そうし

親子でキャンプを楽しんでください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

合わせて読みたい
合わせて読みたい
PVアクセスランキング にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

  • この記事を書いた人
sosiと家族たち

そうし

ママと2歳・4歳の娘2人とキャンプを楽しむべく奮闘中のパパキャンパー!|小さな子どもを連れたファミリーキャンプのノウハウと実際に使ったキャンプギアのレビューをブログにて日々発信しています!

人気記事

【ラーテルワークス】ドーム型2ルームテントBODENを徹底レビュー! 1

ラーテルワークスのドーム型2ルームテントBODENは居住空間の最大化を実現しています!
また、25cm鍛造ペグを始めとした豪華な付属品・仕様でこれからキャンプを始めるファミリーの方の最初のテントにオススメです!

ワークマンのDFBスリッポンはコスパ最強の冬用サンダルでした。 2

ワークマンのDFBスリッポンは1,500円で買えるコスパ最強な点が魅力の冬用サンダルです。
家でもキャンプでも使える手軽さ・機能性があり、1,500円という価格を考えれば価格以上の価値は充分にあり、買う価値のある商品です!

【ラーテルワークス】オーロラソフトクーラーLはコスパ最強のクーラーバッグでした。 3

ラーテルワークスのオーロラソフトクーラーLは携帯性・収納性に優れたコスパ最強のクーラーボックスです!
ハードクーラボックス並みの保冷力があるため、1泊2日のキャンプでは問題なく使用可能でオススメできます!

【ETOE】プロジェクターD2Proは使いやすい?徹底的にレビューします。 4

ETOE プロジェクターD2Proはシンプルなつくりで操作性が良くプロジェクターを使ったことがない初心者の方でも簡単に使用可能!コスパも高いので、初めてのプロジェクターにオススメです!

キャンプで焚き火をしない?【焚火しないのも自由!工夫でキャンプを楽しもう!】 5

キャンプで焚火をしなくてもいい理由について解説します。
するも自由!しないも自由です!
自分に合うやり方を見つけていきましょう!