本ページにはプロモーションが含まれています。

【キャンプ場レポ】フォレストパークあだたら│ 福島県安達郡大玉村

こんにちは!
パパキャンパーのそうし (@初キャン部)です。

今回は福島県安達郡大玉村にある高規格キャンプ場フォレストパークあだたらに行ってきました!

そうし
そうし

新潟のキャンプ場レポをメインでやろうと思ってたのに、
しょっぱな福島のキャンプ場になってしまいましたw

フォレストパークあだたらで実際に宿泊した経験をもとに、

各種施設の紹介と小さい子連れキャンパー目線でメリット・デメリットを紹介したいと思います!

この記事の内容

  • フォレストパークあだたら各種施設の紹介
  • 小さい子を連れたファミリー向けにフォレストパークあだたらを選ぶポイントを紹介

本記事では、福島県民の森フォレストパークあだたらのキャンプ場レポをお伝えします。

本記事を参考にフォレストパークあだたらについて理解を深めましょう!

フォレストパークあだたらのキャンプ場レポート

フォレストパークあだたらの概要

フォレストパークあだたら
フォレストパークあだたら入口
テーマ【森と共生】
テーマ【森林との共生】

フォレストパークあだたらは安達太良山の麓、標高650mの森の中にあり、
広大な敷地の中の豊かな自然を満喫できます!

設備はとてもキレイに整備されておりました。

施設全てが充実しており、
超高規格キャンプ場です!

フォレストパークあだたらはこちらからどうぞ

名称福島県民の森 フォレストパークあだたら
住所〒969-1302福島県安達郡大玉村玉井長久保68
最寄りIC本宮・二本松(ICより車で約25分ほどの安達太良山の麓)
所在地

周辺施設

プラント5
大型スーパー

フォレストパークあだたらから車で15分の距離に大型のスーパーがありますので、食材や足りないキャンプ道具を買い揃えましょう!

ビジターセンター

ビジターセンター
ビジターセンター

着いたらまずはビジターセンターにてチェックインを行います。

チェックインカウンター
申請書の記入台
受付
受付

必要事項を記入して申請書を受付に提出します。

説明を受けるsosiと長女
説明を受けるそうしと長女

我が家は初めての利用だったので、とても丁寧な場内の説明を受けます。

徹底していると感じた点

  • ゴミの分別
  • 石けん洗剤のみ使用可能
  • シャンプーなども石けん成分のみ使用可能

ゴミの分別

ゴミ袋
ゴミ袋
ゴミブース
ゴミブース

3種類のゴミ袋(②③④)+ビン缶ペットボトルなどの資源ゴミを入れるネット(①)を無料でもらえます。

該当するゴミをしっかり分別する必要があります。

ゴミブースもかなり細かくゴミを分別するように整備されています。

石けん洗剤のみ使用可能

洗剤も使用可能なものが限定されています。

もし洗剤が該当しなかった場合は売店で購入できますのでご安心ください。

シャンプーも石けん成分のみ使用可能

石けん成分のものしか使えないので基本的には備え付けのものを使用することになります。

売店

売店
売店全体
売店
オシャレな小物類
売店
生鮮食品

こんなにも多くの商品を取り扱っているキャンプ場の売店は初めてでした!忘れ物があったりしても安心です!

地ビールや精肉などの生鮮食品や地元の特産品も数多く置いてありました。

2泊以上の方は買い出しに行かなくてもキャンプ場内で完結できそうで非常に便利です。

森のカフェ

森のカフェ
森のカフェ
森のカフェ
メニュー

キャンプ場併設のカフェでかなりオシャレな雰囲気でした。

丼物から麺類、軽食にデザートまで様々な種類が提供されておりました。

天然温泉

天然温泉
天然温泉

内風呂と露天風呂、サウナを完備しています。

ビジターセンター内にキャンプ場宿泊客が入り放題の温浴施設になります。

敷地内から源泉を引いている天然温泉で、入るとトロトロとした泉質でした。

3/19日はお日様が沈んだ後かなり冷え込んだので、温泉で身体の芯から温まることができました。

注意点

タオル類はレンタルしていないので持参する必要があります。

温泉時にまさかの小ハプニング

sosiと長女、妻と次女の組み合わせで温泉に入る予定だったのですが、次女が珍しく長女と一緒に入りたいと泣き叫び、、

既に入る気マンマンの長女は素っ裸!笑

そうし
そうし

僕が2人共入れることに!

子供2人を連れて温泉行くのは初めてでしたが、2人共良い子で温泉に入ってくれました。

子供の成長を感じると共に、僕自身も成長して余裕が生まれてきたんだなと感じた瞬間でした。

フォレストパークあだたらキャンプサイトの紹介

ここからはキャンプサイトの紹介をしていきます。

各サイトの紹介

個別サイト
個別サイト
常設トレーラーサイト
常設トレーラーサイト
キャラバンサイト
キャラバンサイト
コテージ
コテージ

冬季に利用できるサイト

  • 個別サイトC
  • 常設トレーラーサイト
  • キャラバンサイト
  • コテージ

個別サイトD・Eとフリーサイト、グループサイトは冬期間は使用不可で立入禁止だったので、
別の機会に訪れてみたいと思います。

ネットの予約サイトなっぷから予約しましたが、
フォレストパークあだたらはサイト指定が出来ませんので注意が必要です。

チェックインは13時からですが、
12時30分からチェックイン受付を開始すると案内がありました。

それ以上早く入りたい場合は、アーリーチェックインになりますのでご注意ください。

我が家がお邪魔したC2サイト

C2サイト
C2サイト入口
C2サイト
C2サイト

エリアの入口にはアルファベットを模したオブジェクトがありますので、自分の宿泊するエリアが一目で分かります。

Cサイト入口
Cサイト入口
Bサイト入口
Bサイト入口

Cサイトは全部で21サイトです。サイトは山砂で基本的に水はけが良いと思われます。

今回宿泊したときは半分以下しかキャンパーさんがいませんでした。

そうし
そうし

ちなみに小さな子連れキャンパーは我が家のみ!

今回は個別サイトのC2サイトになりました!

前日に季節はずれの積雪があり、チェックイン時、サイトはぐしゃぐしゃの田んぼ状態でした...

下地の土
下地の土

写真では分かりづらいのですが、実際かなりぐしゃぐしゃな状態です。

スタッフさんが午前中に雪かきをしてくれたのか、雪はキレイになくなっていました。

そうし
そうし

サイト中心部の山砂も一緒にかかれており、下地の土がむき出しになって田んぼ化していたのが残念でした。

サイトの広さは1番広いところで壁から壁まで12m×8mでしたが、
実質使える広さは10m×6m程になります。

石畳の箇所が駐車スペースとなっており、
そこはペグが打てません。

大型テントはレイアウトをよく考えて設営する必要性がある

使えるスペースはより狭くなりますので、
ファミリー向けの大型テントを設営する際はレイアウトに気をつけてください。

サイトに備え付けのテーブルとイス

ポイント

テーブルとイスが全サイト備え付けてある

3人が座れる広さなので6人のグループキャンプでも使用できそうです。

テーブルイスを持ってこなくても問題ないので、持ち物選びの1つの判断材料になります。

我が家の今回のレイアウト

Cサイト
レイアウト

今回の我が家のレイアウトはワンポールテントとヘキサタープの組み合わせです。

そうし
そうし

失敗したと思いました...

日中は暖かく過ごしやすかったですが、夜になると冷え込みました。

0度近かったのでかなり寒かったです。

持ってきたスキーウェアを子どもたちに着せて防寒対策をします。

スキーウェア着用
スキーウェア着用

ちなみにCサイトの他のキャンパーさんは全員テント内おこもりスタイルでやってらっしゃいました。

外で過ごしていたのは我が家のみ!笑

風の状況について

時より強い風が吹いていましたが、C2サイトは周りを生垣に囲まれているので風をそこまで気にしなくてよかったです。

ワンポールテント
今回はテントのロープを張らないで設営しました

ワンポールテントのロープは今回張らなくても風の影響を受けないと判断できたので、
設営の時短になりました。

Cサイトの景観

木々
木々
木々

豊かな自然で子どもたちは、

森の中を散策したり、松ぼっくり拾いをしたり

普段できないことをやって遊んでいたので非常に良かったです。

隣とも木々で隔てられているので、プライベート感が高く目線も気になりませんでした。

翌朝の日当たりについて

C2サイトは3/20の朝6:30にはお日様が当たりましたので、テントで結露が発生してもチェックアウトの11:00までには乾くと思います。

朝6:30の日当たり

今回の天気は両日とも晴れて風も穏やかでとても過ごしやすい気候でした。

電源が使用できたので、テント内はセラミックヒーターをつけて就寝しました。

そうし
そうし

結露は発生しませんでした。
夜露すら降りていません。自然は本当に分からないものです。

虫の発生状況について

森の中のキャンプ場なので、虫対策グッズをかなり持ってきたのですが、虫は1匹もいませんでした!

時期がまだ虫発生前だったのでしょう。

初春キャンプは日中は暖かいので、夜の防寒対策さえしっかり行えば、虫は発生しないので虫嫌いのママにはオススメです!

キャンプサイト利用の注意点

C2サイト案内
利用ルール
利用ルール

消灯時間は22:00で翌朝6:30までは静粛に過ごすように記載があります。

特に焚火はその時間はできないので注意してください。

我が家は21:00には就寝しましたが、
その前の時間も含めて、騒いでいるキャンパーさんはまったくいませんでした。

そうし
そうし

キャンプ場のルールが明確で皆さん守られていたのでとても好印象です。

また、キャンプ場スタッフさんの見回りも1時間に1回ぐらい各サイトを巡回されていて、とても安心感がありました。

朝も6:00ぐらいから見回りをされておりました。

サイト料金

電源を使用できるオートサイトでこの料金は破格だと思います。

我が家の利用明細を載せておきますのでご参照ください。

明細単価数量合計
個別サイト料金3,30013,300
環境保全費3301330
電源使用料5501550
基本料金(大人)66021,320
合計:¥5,500
利用明細

サテライトハウス

続いてサテライトハウスを紹介していきます。

サテライトハウス
サテライトハウス外観

水回り系がこの施設1つに全て揃っており、非常にキレイで使いやすいです。

トイレ・シャワールーム

トイレ
トイレ
多目的トイレ
多目的トイレ
シャワールーム
シャワールーム

非常にキレイで臭いもなく、使いやすいです。

多目的トイレにはオイルヒーターが設置されていました!室内は程よく暖かく、便座も暖かいです。

シャワーは冬期間使用禁止だったので、ビジターセンターの温泉に入りました。

炊事場

炊事場
炊事場

お湯が出るのが嬉しいポイントです。
食器洗いもそこまで苦にはならないと思います。

ゴミブース

ゴミブース
ゴミブース
ゴミブース

ビジターセンターの項目でもお伝えしましたが、
非常に細かく分別する必要がありますので、ご注意ください。

子どもの遊び場は?

フォレストパークあだたらにはストリームパーク、キッズパークなどの子どもが遊べるエリアがありますが、

冬期は閉鎖中で使用できないのでご注意ください。

また、場内には川が流れているので、
暑い季節は水遊びもオススメです。

そうし
そうし

今度は夏にお邪魔させて頂きたいと思います。

我が家の子どもたちは今回、松ぼっくり拾いをしたり、森の探検隊ごっこをしたり、

サイトの生垣の上をアスレチックのように登ったり下りたりしながら、過ごしていました。

松ぼっくり拾い中の長女
松ぼっくり拾い中
森林の探検家
森の探検隊
生垣クライミング
生垣の上が遊び場

小さいお子さん連れパパママへメリット•デメリットを紹介

小さい子連れキャンパー目線のよかった点、良くなかった点をお伝えします。

メリット

メリット

  • ルールが明確でキャンパーさんのマナーが良い
  • スタッフさんの見回り頻度が多いので安心
  • プライベート感が高いサイトで小さいお子さんが勝手に遠くに行きづらい

ルールが明確でキャンパーさんのマナーが良い

禁止事項や利用のルールが明確なので、
初心者パパママも安心して過ごせます。

ルールが不明確だとどうしたらよいか分からなくなるんですよね。

フォレストパークあだたらはしっかりルールが整備されていて守りやすいです。

次女はすれ違う他のキャンパーさんにバイバイと挨拶をしてましたが、
皆さん笑顔で対応してくれました。

他のキャンパーさんも良い人たちばかりでした。

スタッフさんの見回り頻度が多いので安心

パトランプをつけた軽トラが各サイトを巡回しています。驚いたのはその頻度!1時間に1回ぐらいのペースで回っていたと感じました。

子どもがいなくなっても、スタッフさんが多く在中しており、

サイトを巡回されているので早急に対応してもらえる安心感があります。

プライベート感が高いサイトで小さい子が勝手に遠くに行きづらい

C2サイト
生垣に囲まれているC2サイト

C2サイトは生垣に囲まれていたので、小さな子が勝手に遠くに行くのは難しいと感じました。

他のサイトでも、周りが木々に囲まれているので、そう簡単には遠くまで行けないような地形で小さいお子さん連れでも安心です。

デメリット

デメリット

  • サテライトハウスが各サイト1つしかないので、遠いサイトだと利用しづらい
  • ファミリー向けの大型テントは入らない可能性がある

サテライトハウスが各サイト1つしかないので、遠いサイトだと利用しづらい

C2サイトはサテライトハウスから遠く、
小さい子連れだと大変だと感じました。

我が家はなるべく長女のトイレに合わせてパパママもトイレを調整し、水汲みも同時に行うなど工夫をしました。

ファミリー向けの大型テントは入らない可能性がある

石畳の駐車スペース込みだと横幅が4m程しか本体サイズは入らない可能性があります。

ロープを張ることができない可能性があるので、設営前にレイアウトのイメージを作ってから取り掛かった方が良いです。

見切り発車して入らなくなると二度手間になりますので、ご注意ください。

今回の我が家のワンポールテントとタープは問題なく入りましたので、あえて小さめのテントにするのも1つの手です。

まとめフォレストパークあだたらで大自然を満喫しよう

木々

フォレストパークあだたらは超高規格なキャンプ場で初心者パパママも安心して快適に過ごせるので、

最初のキャンプ場にかなりオススメです!

森林のキャンプ場で子どもと思いっきり自然を満喫できる素晴らしい環境で過ごすことができるので、

興味を持たれた小さい子連れのパパママは、
行かれてみてはいかがでしょうか?

本記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

そうし
そうし

ぜひ親子でキャンプを楽しんでください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

  • この記事を書いた人
sosiと家族たち

そうし

ママと2歳・4歳の娘2人とキャンプを楽しむべく奮闘中のパパキャンパー!|小さな子どもを連れたファミリーキャンプのノウハウと実際に使ったキャンプギアのレビューをブログにて日々発信しています!

人気記事

【ラーテルワークス】ドーム型2ルームテントBODENを徹底レビュー! 1

ラーテルワークスのドーム型2ルームテントBODENは居住空間の最大化を実現しています!
また、25cm鍛造ペグを始めとした豪華な付属品・仕様でこれからキャンプを始めるファミリーの方の最初のテントにオススメです!

ワークマンのDFBスリッポンはコスパ最強の冬用サンダルでした。 2

ワークマンのDFBスリッポンは1,500円で買えるコスパ最強な点が魅力の冬用サンダルです。
家でもキャンプでも使える手軽さ・機能性があり、1,500円という価格を考えれば価格以上の価値は充分にあり、買う価値のある商品です!

【ラーテルワークス】オーロラソフトクーラーLはコスパ最強のクーラーバッグでした。 3

ラーテルワークスのオーロラソフトクーラーLは携帯性・収納性に優れたコスパ最強のクーラーボックスです!
ハードクーラボックス並みの保冷力があるため、1泊2日のキャンプでは問題なく使用可能でオススメできます!

【ETOE】プロジェクターD2Proは使いやすい?徹底的にレビューします。 4

ETOE プロジェクターD2Proはシンプルなつくりで操作性が良くプロジェクターを使ったことがない初心者の方でも簡単に使用可能!コスパも高いので、初めてのプロジェクターにオススメです!

キャンプで焚き火をしない?【焚火しないのも自由!工夫でキャンプを楽しもう!】 5

キャンプで焚火をしなくてもいい理由について解説します。
するも自由!しないも自由です!
自分に合うやり方を見つけていきましょう!