本ページにはプロモーションが含まれています。

【中華vs中華】謎中華LEDランタンを徹底比較レビュー【JINGYU KJ】

中華vs中華】謎中華LEDランタンを徹底比較レビュー【JINGYU KJ】

こんにちは!
パパキャンパーのそうし(@初キャン部)です。

悩み中パパ
悩み中パパ

Amazonで売ってる激安LEDランタンが気になるんだけど、

レビューも少ないし安すぎで怖い、、どうなんだろう?

そうし
そうし

以上のような、謎中華LEDランタンの使用感やレビューが分からず悩んでいるパパの悩みに答えます!

本記事は実際に謎中華LEDランタンを使っている僕が使用感・レビューをお伝えします!

この記事の内容

  • 謎中華(JINGYU KJ) LEDランタンの商品情報
  • Soomloom充電式LEDランタンとの比較レビュー
  • 購入ポイントについて

本記事を読めばJINGYU KJのLEDランタンの理解が深まり、購入に悩んでいるパパは買うかどうかの判断ができます。

JINGYU KJのLEDランタンとは?

大ヒットしたゴールゼロのLEDランタンを皮切りに国内外を問わず様々なメーカーから類似品が販売されています。

JINGYU KJは”中華ブランド”と言われています。

JINGYU KJの情報

残念ながら、Googleで検索しても情報が出てきませんでした。

Amzonの出品者プロフィールに少しだけ情報があったので記載します。

主に照明用品など、お客様な生活をより便利に、快適にするさまざまな製品をご提供しています。
JINGYU KJは長年キャンプ用品領域の各研究製造(ブランドJINGYU KJ)に努めております。品質の高い製品を手頃の価格でお客様へお届くように常に心げけております。
新しい技術の開発とお客様の満足を追求し、お客様に最高品質の製品・最高水準のカスタマーサービスをお届けできるよう、JINGYU KJ直営店は日々努めて参ります。

引用:Amazon

商品情報

付属品
付属品

付属品

  • 本体
  • ランタンシェード
  • 三脚
  • Type-Cケーブル
  • カラビナ
  • ロープ

付属品は他メーカーと比べてかなり多い印象です。

商品説明
全体的に小さくて読みづらいです
バッテリー容量について
バッテリー残量について

箱に商品の説明が印字されています。

内容物の説明
内容物の説明とアフターサービスについて
商品仕様
商品仕様

Soomloom同様にシンプルな作りですが、字が小さくて読みづらいです。

そうし
そうし

仕様をSoomloomと比較してみたいと思います!

メーカー JINGYU KJSoomloom
点灯ルーメン14-250ルーメン150ルーメン
バッテリー容量3.7V-2000mAh3.7V-2600mAh
連続点灯時間5~100時間7-170時間
防水レベルIPX4IPX4
本体重量75g77g
本体サイズ約98×38mm約98×38mm
モード切り替え3モードフラッシュ/ランタン(Hight,Low)3モードフラッシュ/ランタン(Hight,Low)
充電方式USB-Type CUSB-Type C
価格¥999¥2,970
詳細JINGYUKJ LEDランタンSoomloom充電式LEDランタン
JINGYU KJとSoomloomの比較
そうし
そうし

違いをまとめました!

異なるポイント

  • ルーメン数
  • バッテリー容量
  • わずかな本体重量
  • 価格

単純にカタログ上の仕様を比較すると、
ルーメンやバッテリー容量などの重要ポイントに差がありました。

JINGYU KJの価格は過去最安値を更新していると思います。

そうし
そうし

SoomloomのLEDランタンは下記の記事で詳しく解説しています!

合わせて読みたい

JINGYU KJとSoomloomのLEDランタンを比較・レビュー

梱包状態

梱包状態
梱包状態
梱包状態
思ったより丁寧に梱包されています

Soomloomの場合は外箱の中に内箱があり、かなり丁寧に梱包されていました。

比較すると、やや丁寧さに欠ける印象です。

そうし
そうし

ですが必要十分だと思います!

Soomloomと同様に箱には説明が印字されており、説明書は付属されていません。

商品説明
JINGYU KJ:小さくて読みづらい
Soomloom充電式LEDランタンの説明書
Soomloom:ほどほどに読める大きさ

JINGYU KJは箱の説明が小さくて読みづらい

外観

上部に電源ボタンとフックがついています。

JINGYU KJ上部の状態
JINGYU KJの上部
Soomloom充電式LEDランタンの上部
Soomloomの上部

作りが少し違います。

JINGYU KJは本体部分が少し出っ張って丸みを帯びた四角の形状になっています。

これは充電ポートの場所が底面ではなく、側面にあるからです。
フックの真下部分に当たります。

その影響で上部が少し大きくなっている形状です。

そうし
そうし

そこまで気になりません!

JINGYU KJ充電ポート
JINGYU KJ充電ポートは上部の側面にあります
Soomloom充電式LEDランタンの充電ポート
Soomloom充電ポートは底面です

充電ポートの場所が違う

充電の残量はLEDが青く光って残りの残量を教えてくれます。

JINGYU KJ:LEDランタンの充電残量
JINGYU KJは懐中電灯の部分も青く光ってます
Soomloom充電式LEDランタンの充電残量
Soomloomはインジケーターが青く光るのみ

充電に関しては違いはありません。
どちらもUSB-Type Cの充電になります。

点灯時の明るさの違いは?

JINGYU KJとSoomloomの明るさ比較
JINGYU KJとSoomloomの明るさを比較

床に写る光量を見れば明るさの違いが分かります。

そうし
そうし

Soomloomの方がかなり明るいですね!

JINGYU KJは電源ボタン長押しで無段階調光ができるのがSoomloomとの違いです。

自分好みに光量調節できるのは良いポイントです。

JINGYU KJ:懐中電灯モード
JINGYU KJ:懐中電灯モード(白色)
Soomloom充電式LEDランタンの明るさ
Soomloom:懐中電灯モード(暖色)

懐中電灯モードは色味が異なる

懐中電灯モードの明るさ比較
懐中電灯モードの明るさもSoomloomの方が広範囲を照らします

自分が使用した感覚としては、

圧倒的にSoomloomのLEDランタンの方が光量がありました。

正直なところJINGYU KJはカタログ上のスペックには足りていないです。

そうし
そうし

ただ999円でここまで出せるのでお値段以上ではあります!

付属品の比較

付属品
JINGYU KJの付属品はオールインワンです
Soomloom充電式LEDランタンの付属品一式
Soomloomの付属品は必要最低限

付属品を比較するとJINGYU KJはかなり豪華!

三脚・シェード・カラビナなどオールインワンでこれさえあれば問題ないように感じます。

特に作りが悪いようには感じませんでした。

対して、Soomloomは本体・磁石カバー・充電ケーブルのみシンプルで必要最低限の構成です。

付属品はオールインワンのJINGYU KJがおすすめ!

ランタンシェードの破損
ランタンシェードの破損

届いた際にランタンシェードの破損がありました。

JINGYU KJに連絡をとっている所です。
対応を確認しているので、後日追記致します。

2023.5.24追記

結局、JINGYU KJから返答はありませんでした...

僕のようなランタンシェードのみ破損していたら問題なく使えますが、

LEDランタン本体に初期不良があった場合はAmazon経由での返品・返金が確実かと思います。

Amazonのレビューにも記載させて頂きました。

参考になれば幸いです。

JINGYU KJとSoomloomはどちらを買うべき?

ここまで商品の説明・比較をしました。

悩み中パパ
悩み中パパ

じゃあどっちがいいの?

そうし
そうし

結論を申し上げると、Soomloomの方がおすすめです!

JINGYU KJのポイント

ポイント

  • 圧倒的な安さ
  • 無段階調光
  • 付属品はオールインワン
  • 光量と充電容量は悪い

JINGYU KJのポイントとなるのは圧倒的な安さが1番のポイントに挙げられます。

Soomloomもコスパの良さでは郡を抜いていますが、Soomloomと比較して2000円も安いです。

もはや価格崩壊と言えるでしょう。

しかし、
光量・充電容量が悪いです。

特に光量に関してはカタログ上のスペックには到達していないので残念です。

キャンプで使うにはメインはもちろんサブでも使えないかもしれません。

そうし
そうし

手元を照らすサードランタンぐらいで考えておくのがいいです!

Soomloomのポイント

ポイント

  • コスパ最強
  • 底の充電カバーがとれやすい

価格に対するパフォーマンスはかなり良好。
光量・充電容量もGoal Zeroと変わりません。

中華ブランドの中でも一定の評価を得ているSoomloomは安心感があってオススメです!

まとめ 謎の中華LEDランタンJINGYU KJを徹底比較レビュー!

本記事では、JINGYU KJとSoomloomのLEDランタンの比較レビューをしました。

JINGYU KJのLEDランタンはSoomloomのLEDランタンに比べて、メリット・デメリットがありましたが、

最も重要な光量・充電容量が悪かったのが残念です。

ただ、付属品がオールインワンでそこまで品質も悪くなかったのは評価できます!

対して、Soomloomの充電式LEDランタンはコスパに優れ、本家Goal Zeroに引けを取らない作りとなっております。

Soomloomは中華ブランドの中でも一定の評価と実績があるので安心感があるのがポイントです。

したがって、

購入するならSoomloomのLEDランタンの方がオススメです!

ただ、もう何個もLEDランタンやパチゼロを持っていてメイン・サブランタンが充実している方は

サードランタンとして購入するのは全然アリだと思います!

本記事が少しでも参考になれば幸いです。

そうし
そうし

親子でキャンプを楽しんでください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

合わせて読みたい
合わせて読みたい
PVアクセスランキング にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

  • この記事を書いた人
sosiと家族たち

そうし

ママと2歳・4歳の娘2人とキャンプを楽しむべく奮闘中のパパキャンパー!|小さな子どもを連れたファミリーキャンプのノウハウと実際に使ったキャンプギアのレビューをブログにて日々発信しています!

人気記事

【ラーテルワークス】ドーム型2ルームテントBODENを徹底レビュー! 1

ラーテルワークスのドーム型2ルームテントBODENは居住空間の最大化を実現しています!
また、25cm鍛造ペグを始めとした豪華な付属品・仕様でこれからキャンプを始めるファミリーの方の最初のテントにオススメです!

ワークマンのDFBスリッポンはコスパ最強の冬用サンダルでした。 2

ワークマンのDFBスリッポンは1,500円で買えるコスパ最強な点が魅力の冬用サンダルです。
家でもキャンプでも使える手軽さ・機能性があり、1,500円という価格を考えれば価格以上の価値は充分にあり、買う価値のある商品です!

【ラーテルワークス】オーロラソフトクーラーLはコスパ最強のクーラーバッグでした。 3

ラーテルワークスのオーロラソフトクーラーLは携帯性・収納性に優れたコスパ最強のクーラーボックスです!
ハードクーラボックス並みの保冷力があるため、1泊2日のキャンプでは問題なく使用可能でオススメできます!

【ETOE】プロジェクターD2Proは使いやすい?徹底的にレビューします。 4

ETOE プロジェクターD2Proはシンプルなつくりで操作性が良くプロジェクターを使ったことがない初心者の方でも簡単に使用可能!コスパも高いので、初めてのプロジェクターにオススメです!

キャンプで焚き火をしない?【焚火しないのも自由!工夫でキャンプを楽しもう!】 5

キャンプで焚火をしなくてもいい理由について解説します。
するも自由!しないも自由です!
自分に合うやり方を見つけていきましょう!