本ページにはプロモーションが含まれています。

【GENTOS】 LEDパネルランタンを徹底レビュー【コスパ最強】

【GENTOS】 LEDパネルランタンを徹底レビュー【コスパ最強】

こんにちは!
パパキャンパーのそうし (@初キャン部)です。

悩み中パパ
悩み中パパ

GENTOSのLEDパネルランタンが気になってるんだけど、使用感とかはどう?

そうし
そうし

以上のような、GENTOSのLEDパネルランタンの使用感・レビューが分からず困ってるパパの悩みに答えます!

この記事はこんな方に向けて書いています。

この記事の内容

  • キャンプで使えるLEDランタンを選びたい
  • LEDランタン選びで失敗したくない
  • GENTOSのLEDパネルランタンのレビューが知りたい

上記のような悩みをお持ちの方はGENTOSのLEDパネルランタンが解決してくれるかもしれません!

GENTOSのLEDパネルランタンが気になる方はぜひ最後までご覧ください!

LEDパネルランタンのGENTOSとは?

GENTOS
出典:GENTOS

GENTOS(ジェントス)は1978年創業の日本の懐中電灯メーカーです。
2001年、当時開発されたばかりの白色LEDを懐中電灯・ヘッドライト・ランタン等に搭載し、いち早く日本のマーケットに投入しました。
日本のメーカーとして徹底的に品質にこだわり様々なテストを実施し、ユーザーの皆様に安心してご使用いただける製品作りを心掛けています。

プロフェッショナルユーザーの厳しい要求に応えるために、GENTOSは下記を徹底しています。

①正しいスペックの記載

②安全性に配慮した製品作り

③上質でユニークな製品作り

引用:GENTOS

GENTOSは国内メーカーの懐中電灯の製造から始まったブランドです!

日本が拠点なので、初期不良や壊れた時にすぐ対応してもらえるメリットがあります。

保証
保証について
アフターサービスについて
アフターサービスについて
そうし
そうし

対応という面に関しては激安の謎中華ブランドと一線を画す大事な部分だと個人的には思います!

国内ブランドの安心感と安全性に配慮した製品づくりがポイントでコスパも良い...

これ最強なのでは?

それでは早速みていきましょう!

GENTOSのLEDパネルランタンの商品情報

GENTOS
GENTOSの付属品

付属品

  • 本体
  • ハンガーフック
  • Type-Cケーブル
メーカーGENTOS
充電時間6時間
カラーブラック
点灯ルーメン最大1300ルーメン/最小7ルーメン
バッテリー容量4,000mAh/最大189時間持続
連続点灯時間2.5-189時間
防水レベルIP67
本体重量298g
本体サイズ152.7×111.6×33.3mm
モード切替ナイトモード/暖色/昼白色/白色
充電方式USB-Type C
付属品本体/USB Micro-B充電ケーブル/ハンガーフック
価格¥3,727(2023.7月時点)*タイムセール価格
詳細GENTOS LEDパネルランタン
商品仕様

GENTOS LEDパネルランタンを徹底レビュー

梱包・外観

GENTOS LEDパネルランタンの梱包状態
GENTOS LEDパネルランタンの梱包状態
裏面
裏面

さすが日本ブランドというだけあって、しっかりとした外箱で商品説明などの記載があります。

商品仕様
商品仕様
商品説明
商品説明も記載されています
そうし
そうし

手にとってすぐに商品仕様が分かるのは嬉しいです!

中華ブランドだどちっぽけな紙の取説と小さくて見づらい文字で仕様が外箱に書いてあるだけなので、それに比べればしっかりした印象です。

GENTOS
GENTOS LEDパネルランタン正面
GENTOS LEDパネルランタン背面
GENTOS LEDパネルランタン背面

形状は一般的なパネルランタンでキャンプでも作業用でも使えそうですね。
様々なシーンで活躍しそうな予感がします!

左が充電ポート 右が電源ボタン
左が充電ポート 右が電源ボタン
充電がUSB-Type :Cになります。
充電はUSB-Type Cになります

背面の電源ボタンを押すと点灯します。
ちなみに左が充電ポートです!

特徴

特徴

  • 4段階切り替え
  • 最大1300ルーメンの明るさ
  • 軽量なため磁石がどこでもくっついて便利
  • 3パターンの使い方ができる

4段階切り替え

電源ボタンを1回押すとナイトモードもう1回押すと暖色モード...と押すたびに光量が強くなっていきます。
全部で4段階になります。

ナイトモード→暖色→昼白色→白色→以下ループ

ナイトモード
ナイトモード
暖色モード
暖色モード
昼白色モード
昼白色モード
白色モード
白色モード

ポイント

  • ナイトモード(7㏐)
  • 暖色モード(280㏐)
  • 昼白色モード(550㏐)
  • 白色モード(1300㏐)

白色モードを使用すると2.5時間しか持ちませんので、基本的には暖色モードか昼白色モードで点灯させてが現実的かなと思います。

ただ白色モードで1300㏐の明るさを出せるので、いざというときにも使える安心感があります!

最大1300ルーメンの明るさ

白色モード
白色モード
白色モード
白色モードを壁に向けて

1300㏐は明るすぎて写真を撮るとわけわからなくなります笑

とにかく明るいのが特徴で充電を考慮しなければメインランタンとして使うことができます!

軽量なため磁石がどこでもくっついて便利

本体重量は298gと軽量です。

しかし、298gって軽量なんか?
と僕は少し疑問に思ったので、298gとは身の回りのものと比較するとどのぐらいなのか調べてみました!

はい。

国民的ソウルフードことマクドナルドのメガマックです!

ちょうど300gなので、だいたいイメージがつきましたでしょうか?
正直、僕はまだピンときていません笑


バッテリー容量を抑えることで軽量化させているみたいです。

その結果

磁石でくっつけて使用中
磁石でくっつけて使用中

家で撮影しましたので、なにかわかりやすい所...と考えた結果、換気扇の横にくっつけてみました!

かなりガッチリ磁石がくっついてるので少しの振動では落ちませんでした。

そうし
そうし

キャンプにおいてはポールやランタンハンガーに取付られそうです!

3パターンの使い方ができる

GENTOSのLEDパネルランタンは3パターンの使い方ができます。

使い方

  • 三脚を使用する
  • ハンガーフックを使用してぶら下げる
  • 磁石でくっつける
三脚を使用する
三脚で使用
三脚での使用

三脚自体は付属していませんが、一般的な1/4ねじの穴径なので、パチゼロとかに付属している三脚も使用できます。

そうし
そうし

暖色モードや昼白色モードで使用するときに三脚は使えそうですね!

ただ、メインランタンとして使う場合は遠くからサイト全体を照らす必要があるので、三脚ではあまり使わないかと思います。

ハンガーフックを使用してぶら下げる
ハンドルにハンガーフックをかけて使用
ハンドルにハンガーフックをかけて使用
ランタンハンガーにかけて使用中
ランタンハンガーにかけて使用中

本体にハンドルがついていますので、付属のハンガーフックと連結させて使うのがオーソドックスな使い方です。

メインランタンとして使う場合だと、サイトから少し離れたところにランタンハンガーを設置してハンガーに引っかけます。

磁石でくっつける
磁石でくっつけて使用中
磁石でくっつけて使用中
ランタンハンガーにくっつけて使用中
ランタンハンガーにくっつけて使用中

軽量で強力な磁石がついているので、相手側が鉄なら容易にくっつけて使用することができます。

キャンプにおいては、ランタンハンガーやタープ/テントのポールにくっつけることができるので、使い勝手は良いです!

GENTOS LEDパネルランタンの購入ポイントは?

ここまで商品の説明・レビューをしました。

悩み中パパ
悩み中パパ

でも本当に必要なの?

そうし
そうし

ここからはメリットデメリットを紹介します。
判断材料にしてください!

メリット

メリット

  • コスパが高い
  • 国内ブランドの安心感
  • キャンプだけでなく様々なシーンで活躍

コスパが高い

GENTOS LEDパネルランタンはsosi購入時(2023.7.12)ではAmazonで¥3,727にて販売されております。

有名なルーメナーが¥10,000以上しているので、価格だけの比較だと1/3!

そうし
そうし

コスパ最強とまではいきませんが、かなり良い線いってます!

やはり中華ブランドに比べると価格面ではどうしても劣ってしまいますよね(´;ω;`)

コスパを求めたメインランタンは下記の記事で詳しく紹介しています!

合わせて読みたい

国内ブランドの安心感

GENTOS
出典:GENTOS

GENTOSを選ぶ1つの選択肢として国内ブランドが挙げられます。

ポイント

  • 初期不良の対応
  • 購入後の1年保証
  • アフターサービス

こういった対応に関しては国内ブランドだとスムーズに事が運び楽で安心です。

中華ブランドはその点やっかいですね...

メールの返信がなかったり、変な日本語だったり、、、

よって、国内ブランドであるGENTOSは対消費者という視点では中華ブランドにない強みを持っています!

キャンプだけでなく様々なシーンで活躍

夜釣り
出典:unsplash

キャンプだけでなく、普段使いから災害時まで幅広く活躍が期待できます。

キャンプ、災害、釣り、旅先、etc…

特に今の日本は災害が多いので、停電/避難時は大活躍まちがいなしです!

そうし
そうし

使い勝手はかなり良いです!

デメリット

デメリット

  • バッテリー容量4,000mAhで少ない
  • USBがMicro-B

バッテリー容量4,000mAhで少ない

商品仕様
商品仕様

メインランタンとして運用するには4,000mAhのバッテリー容量は心許ない感じです...

メインランタンとして最大の1300㏐で点灯した場合、バッテリーは2.5時間しか持ちません。

そうし
そうし

1泊2日のキャンプなら何とか日暮れから就寝までの間使えるか...?といった微妙なラインですね。

1泊以上の場合は間違いなく持ちませんので、電源付きサイトを選んで充電する対応が必要になります。

USBがMicro-B

最近一般的になってきたType-Cではなく、なぜかMicro-B...

ということは、充電ケーブルの共有ができませんので、別にケーブルを持っていく必要があります。

意外と持っていくのを忘れてしまうんですよね(´;ω;`)

そうし
そうし

ここは正直Type-Cであって欲しかったです!

1泊以上のキャンプ予定の方はケーブルを忘れないように気をつけましょう!

まとめ GENTOS LEDパネルランタンは国内ブランドの安心感と良好なコスパが特徴!迷ったら選んでおけば間違いなし!

本記事ではGENTOSのLEDパネルランタンの紹介とレビューをしました。

GENTOSのLEDパネルランタンは国内ブランドの安心感があり、価格もそこまで高くない点からコスパは高いです!

キャンプだけでなく、災害時など幅広いシーンで活躍が期待できます!

充電式のLEDランタンは火を使わないので小さいお子さんを連れたキャンプにおいても火傷のリスクがないのでオススメです!

本記事が少しでも参考になれば幸いです。

そうし
そうし

親子でキャンプを楽しんでください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

合わせて読みたい
PVアクセスランキング にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

  • この記事を書いた人
sosiと家族たち

そうし

ママと2歳・4歳の娘2人とキャンプを楽しむべく奮闘中のパパキャンパー!|小さな子どもを連れたファミリーキャンプのノウハウと実際に使ったキャンプギアのレビューをブログにて日々発信しています!

人気記事

【ラーテルワークス】ドーム型2ルームテントBODENを徹底レビュー! 1

ラーテルワークスのドーム型2ルームテントBODENは居住空間の最大化を実現しています!
また、25cm鍛造ペグを始めとした豪華な付属品・仕様でこれからキャンプを始めるファミリーの方の最初のテントにオススメです!

ワークマンのDFBスリッポンはコスパ最強の冬用サンダルでした。 2

ワークマンのDFBスリッポンは1,500円で買えるコスパ最強な点が魅力の冬用サンダルです。
家でもキャンプでも使える手軽さ・機能性があり、1,500円という価格を考えれば価格以上の価値は充分にあり、買う価値のある商品です!

【ラーテルワークス】オーロラソフトクーラーLはコスパ最強のクーラーバッグでした。 3

ラーテルワークスのオーロラソフトクーラーLは携帯性・収納性に優れたコスパ最強のクーラーボックスです!
ハードクーラボックス並みの保冷力があるため、1泊2日のキャンプでは問題なく使用可能でオススメできます!

【ETOE】プロジェクターD2Proは使いやすい?徹底的にレビューします。 4

ETOE プロジェクターD2Proはシンプルなつくりで操作性が良くプロジェクターを使ったことがない初心者の方でも簡単に使用可能!コスパも高いので、初めてのプロジェクターにオススメです!

キャンプで焚き火をしない?【焚火しないのも自由!工夫でキャンプを楽しもう!】 5

キャンプで焚火をしなくてもいい理由について解説します。
するも自由!しないも自由です!
自分に合うやり方を見つけていきましょう!